コンテンツにスキップ
【新登場】キーケースと財布を一体化した、キャッシュレス時代のANNAKスマートキーケース
【新登場】キーケースと財布を一体化した、キャッシュレス時代のANNAKスマートキーケース

ANNAK(アナック) 東京・元浅草の三竹産業さんが手がける レザーベルト・レザーウォレット

ANNAK(アナック)

栃木レザー オリジナルレザーブランド “ANNAK(アナック)” 革製品や金属加工などの町工場が数多くひしめく東京・元浅草にて、老舗ファクトリーの三竹産業さんが発信するオリジナルレザーブランド “ANNAK(アナック)”。 「100年後のスタンダード」をテーマに、手縫い、手染め、手磨きとハンドワークにこだわったものづくりを追求、革の本質を堪能できるプロダクトをリリース。 革を愛する職人集団により、100%国内で生産されています。

三竹産業さんは1925年創業で、当初は煙管(きせる)を手がけておられたそうですが、戦後はライフスタイルの変化に合わせ、革製のベルトなどの制作にシフト。2000年に「鉋(かんな)」というブランドを立ち上げ、2004年に「鉋(KANNA)」の読みを逆さから読んだ「ANNAK(アナック)」というブランド名に変更されました。 「鉋」はメンズのドレスベルトの仕上げなど、ワンランク上のテクニックに欠かせないツール。受け継がれるクラフトマンシップがブランド名に込められています。

ANNAKオリジナルの洗い加工を施した、独自の存在感あるレザーアイテムは、独自のオイルの配合により水洗い後の革の硬化というデメリットを克服。 さらに手作業を加え、ヴィンテージ感と柔らかさを実現。トレンド感も取り入れたレザーアイテムは、幅広いスタイルにあわせることができ、ビジネススタイルにもコーディネートできる上質感があります。