コンテンツにスキップ
友だち登録で500円OFFクーポン!LINE公式アカウント
友だち登録で500円OFFクーポン!LINE公式アカウント

graphzero(グラフゼロ) 倉敷・児島発 デニムブランド オリジナルジーンズ・パンツ・デニム

graphzero(グラフゼロ)

国産ジーンズの発祥の地で、世界屈指のジーンズ生産地でもある、岡山県倉敷市の児島地域。この地で2004年春に設立された【グラフゼロ】は、大手では採算に合わない手作業の染色、色落ち加工を施したオリジナルジーンズで注目されている、新進のデニムブランド。

グラフゼロは、倉敷・児島の生地屋に生まれた現代表・鈴木徹也さんの「児島発のデニムブランドをつくらないか」と、現地のジーンズ職人たちに呼びかけたことに始まります。その提案に応じ、生地・縫製・染め・加工にいたるまで、ジーンズづくりに精通したメンバーが結集し、グラフゼロが誕生します。

メンバーが出しあった80万円を元手に始まったグラフゼロは、その希少性やデザイン性の高さで、ジーンズマニアを中心に注目されはじめます。そして、ブランド設立から2年も経たないうちに、ファッション雑誌、テレビやラジオのほか、日経MJ(日経流通新聞)や繊研新聞といった業界誌でも大きく紹介されるにいたります。

「グラフゼロ」というブランド名には、「グラフのゼロ地点からものづくりを始める」という意味がこめられています。ジーンズ生産の最も川上に位置するメンバーたちは、ジーンズの最新トレンドをいち早く知り、最先端のものづくりに取り組んでいます。職人の手作業ならではの味と深みが感じられるオリジナルジーンズのほか、素材・縫製にこだわった定番デニムやTシャツ、トップスなども次々と生み出しています。